[0108] 桜ケ峯神社(さくらがみねじんじゃ)
正面写真・地図
神社情報
神社№ 0108
神社名 桜ケ峯神社(さくらがみねじんじゃ)
神社別名 
参拝日 2011/12/10
再訪日 2013/03/10
社格  無格社
その他社格 
ご祭神瀬織津媛神、速佐須媛神、気吹戸主神、速秋津媛神
由緒等
桜ヶ峯神社由来記

御祭神 瀬織津媛神・速佐須媛神・気吹戸主神・速秋津媛神

徳川九代将軍家重の時代に作られた「桜峯地蔵記」は貴重な絵巻文献として現存し当神社の由来を知ることが出来ます。
記録によれば「那珂郡大鋸谷、桜嶺に石蔵の石像あり」昔、欽明天皇の御代に夜「光を発する石像あり之を祈願すれば必ず御利益あり」と言うので土地の人は「荒具神社」として奉祠したそうです。又、寛永年間に谷の中に光を発するものがあり驚いた一人が之は神様の光であると信じました。その夜、夢の中で「自分の像が土中に埋れて久しいので掘出して祀れ」とのお告げがあったので翌日掘出して桜嶺にお祀りしたところ夜中に光を発し神様の像身が現れたと書いてあります。
承応元年に藩主黒田候が当地で鷹狩をされた時種々の霊験顕著なのに驚かれ社殿を改築されたとあります。途中で神仏混淆の時代がありましたが若一任祠と桜嶺神社が有名な修験道場として栄え毎年三月十二日より十四日に至る間、千灯明を点じ修験者が往来、法の道を修めた由、宝歴七年に権律師千手院湛亮が境内に「天満宮」を建立、昭和二十五年改築の際に合祀、昭和五十一年の改築を経て現在に至っています。

昭和六十一年四月吉日復記 桜ヶ峯神社奉賛会会員一同
ご朱印 
鎮座地区福岡市中央区
郵便番号810-0024
所在地福岡市中央区桜坂2丁目11-34
地図座標33.580678,130.385898
公式HP 
福岡県神社誌
【社名】 櫻ヶ峰神社 [A00-1796]
【所在地】 福岡市大字下警固字櫻ヶ谷
【祭神】 瀬織津姫、速佐須良姫神、息吹戸主神、速秋津姫神
コメント 
公開日2013/03/24
更新日2013/03/24
その他の写真
神社入口風景
入口参道階段
鳥居
鳥居扁額
社号標
手洗鉢
境内児童公園看板
由緒書き
社殿前風景
社殿正面
社殿正面
拝殿神額
拝殿内
神札
地蔵堂
地蔵堂内
社殿全景
社殿全景