[0345] 山田邑斎宮(やまだむらいつきのみや)
正面写真・地図
神社情報
神社№ 0345
神社名 山田邑斎宮(やまだむらいつきのみや)
神社別名 
参拝日 2012/03/17
再訪日 2013/06/03
社格  村社
その他社格 
ご祭神天疎向津媛命、武甕槌命、事代主命、住吉三神、息長足媛神
由緒等
斎宮

御祭神
 天疎向津媛命(天照大神)
 武甕槌命
 事代主命
 住吉三神(表筒男、中筒男、底筒男)
 息長足媛神(神功皇后)
合祀 六所神(伊弉諾尊、伊弉冉尊、瓊々杵尊、速玉男命、事解男命、国常立尊)、豊受大神
境内末社 祇園社

山田邑斎宮の由来記

当宮は神功皇后が新羅征伐のとき、みづから神主となり、神教を祈願された霊蹤の地であり、つぎのような由来を伝えている。
第十四代仲哀天皇は、仲哀八年巳卯の春、神功皇后と御一緒に熊襲征伐のため、筑紫の香椎宮に行幸啓された。そのとき皇后に「熊襲の服せざるは新羅の後援なれば本幹たる新羅を攻め給わば、支葉の熊襲はみづから枯れん」という神のおつげがあった。しかし仲哀天皇は翌年二月病気で崩御された。
皇后は非常にお歎きになったが、密かに御屍を納めになり、衷をかくして賊徒征伐の業をお継ぎになった。
そうして、香椎宮から群臣百僚を率いて小山田邑(上山田)に行啓され、御住居になったところが、聖母屋敷で、聖母屋敷の西南にあたる六所の地に斎宮を造営され、皇后みづから神主となり、六所神を祀り、三月朔日から七日七夜戦勝の祈願をなされた。神々の御加護により、国内も治まり、三韓も戦わずして平定された。
皇后が諸々の戦術と戦勝祈願をされた六所大明神は慶長年中大洪水で破損したので、村民は非常に恐懼して聖母屋敷に合祀した。この社の跡を「ろくしゆう」と言って六所田(神田)の中に今も社の跡が残されている。
なお、境外神社として審神者神社があるが、祭神は中臣烏賊津使「日本書紀」の神功皇后紀に皇后の祈願に際して中臣烏賊津使を喚して審神者とす、とある。審神者とは神の託宣を請うてその意を伝える人である。
この社は、慶長三年まで六所の社殿のあった六所神と向いあい両社の間に建造物を禁止されていたという言い伝えがある。また、一般に「おやしろさま」と呼び勝負の神さまとされている。
これらを総合して考えてみると二千余年の古跡は、それぞれしかっりと上山田の地に刻まれて、神功皇后の御偉業とともに千古に朽ちないこと物語っている。
この由来記の裏面に斎宮に係わりのある上山田邑の古地図を掲載しているので参照されたい。
平成十四年四月吉日
竹末龍峰書

神功皇后と斎宮

神功皇后は、『古事記』『日本書紀』に登場し、日本史上はじめて朝鮮半島へ出兵したと伝えられる人物です。『日本書紀』巻第九神功皇后(気長足姫尊)の章には、夫である仲哀天皇がお亡くなりになられた香椎宮、応神天皇をお産みになられた宇美八幡宮などとともに斎宮のことが記されています。
『日本書紀』によると神功皇后は仲哀天皇が香椎でがお亡くなりになると小山田邑に斎宮を造らせ、天皇の亡骸を運んで安置し、自ら神主となられています。この斎宮の故地について、江戸時代の学者貝原益軒が『筑前続風土記』のなかで次のように述べています。
「聖母屋敷 上山田村にあり。其所に 神功皇后の御社あり。是 神功皇后斎宮の址なるにや。」「此山田村は、香椎に近ければ、此村にある聖母屋敷こそ、まさしき斎宮の址には侍るへき。」
ここ山田の地に鎮座する斎宮は、日本最古の国史に記載された「小山田邑 斎宮」の比定地とされる神社です。千数百年の間、人々に深く信仰され、大切に守られてきました。
町内には、六所宮跡や審神者神社など神功皇后にゆかりの深い神社や、神功皇后を描いた絵馬などが多く残っています。

平成十六年三月

久山町
久山町教育委員会
ご朱印 
鎮座地区糟屋郡
郵便番号811-2502
所在地糟屋郡久山町山田232
地図座標33.659808,130.498663
公式HP 
福岡県神社誌
【社名】 斎宮 [A00-0098]
【所在地】 糟屋郡山田村大字山田字聖母屋敷
【祭神】 健布都神、事代主神、天疎向津姫神、住吉三柱神、息長足姫神
【由緒】 仲哀天皇九年春三月神功皇后御親祭縁起に、筑前州粕屋郡山田村斎宮は昔日神功皇后将征新羅親為神主云々。日本紀所載昭晰云々。又本記に香椎村に隣れる山田邑に古より神功皇后を祭れる跡とて有其かまへ甚広し今猶小社存す、其辺を聖母屋敷と云ふ、是則斎宮之故跡也云々。又香椎宮縁起に山田村に古より聖母屋敷と村民云伝へ今も皇后之社とて小き祠有そのかみ皇后潔斎し籠らせ給ひ諸神を祀り異国退治之事を祈給ひし斎場の旧き跡なるべし云々。明治五年十一月三日村社に被定。
【例祭日】 十一月六日
【神饌幣帛料供進指定】 昭和三年十一月二日
【主なる建造物】 本殿、拝殿、絵馬殿
【境内坪数】 四百十一坪
【氏子区域及戸数】 上山田 約九十戸
【境内神社】 祇園神社
コメント 
公開日2013/07/07
更新日2013/07/07
その他の写真
一の鳥居
一の鳥居扁額
社号標
参道風景
二の鳥居
二の鳥居扁額
由緒書き
由緒書き裏面
参道風景
手水舎
注連掛石
狛犬(阿形)
狛犬(吽形)
社殿正面
拝殿内
社殿全景
本殿
本殿
社殿背景
境内神社、祇園神社
社務所、絵馬殿
石神群
石碑群
境内風景
神池
神池手洗鉢
神社案内板