[0411] 御稜宝満神社(ごりょうほうまんじんじゃ)
正面写真・地図
神社情報
神社№ 0411
神社名 御稜宝満神社(ごりょうほうまんじんじゃ)
神社別名 
参拝日 2012/05/06
再訪日 2013/03/02
社格  無格社
その他社格 
ご祭神神功皇后、玉依姫命、応神天皇
由緒等
御稜寶満神社由来

祭神 (左座)神功皇后 (中座)玉依姫命 (右座)應神天皇
西暦七一年~一三〇年 景行天皇在位期間
 天皇自ら筑紫に下らせ給い、熊襲を征服し給う。この時、御稜の宮に、ご祈願ありて賊を平らげ給う
一九ニ年~ニ〇〇年 神功皇后在位期間
 神功皇后三韓を征し給う時、この神廟に祈り給う。また荷島田村に羽白熊鷹と言う土蜘蛛居たりしをも討ち平らげ給う。この時も御稜の宮に祈り給う
六六一年
 斉明天皇の勅願により、天智天皇は元年、御稜の宮を再建し給う
六七〇年十月二十二日
 天智天皇は十年・奉幣使を下され寶満宮と勅号を参らせる
一五八六年七月
 薩州の軍勢岩屋城を攻め落とし、立花城に押し寄せし時、兵火により廟殿を焼失す
一五九ニ年~一六八一年
 御稜寶満宮は、中・乙金・山田・筒井・井相田村の勧請を受け、それぞれに分社される
一八八六年(明治十九年丙戊冬至日)鳥居建立
 中村・乙金村・筒井村・山田村・井相田村・惣庿
一八九六年(明治ニ十九年一月十五日)
 廟殿焼失より、約三一〇年後、村民有志による本殿再建(石造り)
一九ニニ年(大正十一年五月二十五日)拝殿再建

資料 筑前国続風土記附録等から抜粋(ニ〇一ニ年 平成二十四年十月)
ご朱印 
鎮座地区大野城市
郵便番号816-0906
所在地大野城市中1丁目9-7
地図座標33.553446,130.482235
公式HP 
福岡県神社誌
【社名】 宝満神社 [A00-3023]
【所在地】 筑紫郡大野村大字中字御陵前
【祭神】 玉依姫命、誉田別尊、息長帯姫命
コメント 
公開日2013/03/10
更新日2013/03/10
その他の写真
神社全景
鳥居
鳥居扁額
由緒書き
注連掛石
境内風景
社殿正面
拝殿内
拝殿内
拝殿内
本殿正面
本殿全景
社殿全景
社殿全景
社殿全景
社殿全景