[1368] 老松神社(おいまつじんじゃ)
正面写真・地図
神社情報
神社№ 1368
神社名 老松神社(おいまつじんじゃ)
神社別名 
参拝日 2017/06/10
再訪日  
社格  村社
その他社格 
ご祭神菅原眷属神、高良玉垂命、住吉大神
由緒等
老松神社(老松宮)

祭神 菅原眷属神 高良玉垂命 住吉大神

由緒
この老松宮はもと、上岩田、井上、下岩田の氏神であり、この神の鎮座地を昔は神磐戸と称していた。上岩田の地名は、神磐戸から神磐田、上岩田と変ったのであろう。大昔、神功皇后が秋月の羽白熊鷲を征伐せられ、次で筑後国、山門県の田油津姫を滅ぼそうと、津古から舟にて得川(宝満川)を下られ、この神磐戸にお着きになった。今の老松宮は当時の行在所の跡で、その御駐輦の折、武内宿祢をして、御剣を祀らしめられた。その不動石が境内にあったが、現在は不明。又境内に大岩窟があったが、正保年間(一六四四)これを破壊し、その巨岩を稲吉堰の築造に利用したので、今はその跡があるだけである。
昔の社殿は後三條天皇の延久二年(一〇七〇)上岩田の庄領家菅原氏の造立で、その後高橋城主の高橋氏、肥前の筑紫氏等によって再建され、御原郡の総社と仰がれた由緒ある神社で、宝物等数多くあった。天正十四年(一五八六)島津勢が筑前に攻め上る際、兵火にかかり神殿末社、社宝、文献等ほとんど焼失し、僅かに獅子頭、火王面が残っているだけである。その後寛永年間(一六二四)、文化年間(一八〇四)に再建され、今日に至っている。享保年間(一七一六)までは、毎年九月十九日、附近十一ヶ村民相集って、盛大な神事が営まれ、大板井の地まで御神幸があっていた。明治六年に村社に列せられた。
尚境内の中島にある五重の塔は、元徳二年(一三三〇)、岩田の庄の領家、地頭直人が天長地久祈願のため建立したものであり、又一の鳥居は寛文三年(一六六三)造営である。昔は神田も数多くあったが、今は地名(火王田、彼岸田、神楽田・・・等)として残っている。大正五年、井上の古北神社を若宮八幡宮に合祀した。

境内神社 若宮八幡宮(仁徳天皇、菅原神) 事勝神社(猿田彦大神)
例祭日 十月十九日

昭和五十五年十月十六日 神社総代一同
ご朱印 
鎮座地区小郡市
郵便番号838-0121
所在地小郡市上岩田1374-1
地図座標33.399821,130.574197
公式HP 
福岡県神社誌
【社名】 老松神社 [A00-0829]
【所在地】 三井郡立石村大字上岩田字磐戸
【祭神】 菅原眷属神、高良玉垂命、住吉大神
【由緒】 不詳、明治六年三月十四日村社に列せらる。社説に曰く、当社の鎮座地を神磐戸(現今の大字名上岩田は後世神磐戸より変じたるものなり)と云へり。往昔神功皇后筑前国古処山麓荷持田村に居住の羽白熊鷲を征伐し給ひ、次で筑後国山門県の土蜘蛛田油津媛を滅ぼさんと荷持田村を御出陣夜須野より筑後国津古に出で給ひ、舟にて得川(現在の宝満川)を下らせられ此の神磐戸に御着あり、現在の神社地は当時の行在所の跡なり。御駐輦の砌武内宿禰をして御剣を祭らしめ給ふ、境内に在る不動石即是なりと、又境内には大岩窟ありしが、第百十代後光明天皇の御宇正保年中稲吉井堰築造の為め破壊し、今は其の跡のみを存す。
古の社殿は第七十一代後三條天皇の御宇延久二庚戌年上岩田の庄領家菅原氏の造立其の後下高橋城主高橋氏基肆城主筑紫氏再建す。御原郡の惣社と仰がれ、宝物等数多ありしが第百六代正親町天皇の朝天正十四年薩摩勢筑前に攻め上りし際兵火に罹りて神殿末社宝物等悉く焼失せり。其の後第百九代明正天皇の朝寛永年間再建、更に百十九代光格天皇の朝文化年間に再建して今日に至れり。
尚境内地中の島に建立の五重塔は第九十六代後醍醐天皇の御宇元徳二庚午上岩田の庄領家地頭直人が天長地久祈願の為め建てたるもの、又神社の一の鳥居は第百十二代霊元天皇の朝寛文三癸卯年十月の建立なり。第百十四代中御門天皇の御宇享保年間迄は神官十一人集ひ氏子にて盛んなる神事を営み御幸行事あり、名頭七人主として其の祭事に当れりと云ふ縁起書存せり。古は神田も数多ありしが今は地名(火王田、彼岸田、石橋、大橋、〼菓、鶴崎、神楽田、石之本、粢田、泉水元等)として残り民有田に帰せり。
【例祭日】 十月十六日
【主なる建造物】 神殿、幣殿、拝殿
【主なる宝物】 古神体木像数本、獅子頭一口、土器数個、大王面一個
【境内坪数】 八百七十九坪
【氏子区域及戸数】 大字上岩田、大字井上区一円計百〇五戸
【境内神社】 天満神社(菅原神、仁徳天皇)、事勝神社(猿田彦大神)
コメント 
公開日2017/08/20
更新日2017/08/20
その他の写真
神社入口風景
狛犬(阿形)
狛犬(吽形)
注連掛石
一の鳥居
一の鳥居扁額
参道風景
二の鳥居
二の鳥居扁額
狛犬(阿形)
狛犬(吽形)
由緒書き
上岩田注連ねり説明板
社殿正面
社殿正面
狛犬(阿形)
狛犬(吽形)
注連ねり
拝殿内
社殿全景
社殿全景
本殿
背景
境内神社(不詳)
石神群
石造五重塔
石造五重塔説明板
臥牛
猿田彦大神
神社裏口注連掛石