[0189] 埴安神社(はにやすじんじゃ)
正面写真・地図
神社情報
神社№ 0189
神社名 埴安神社(はにやすじんじゃ)
神社別名 
参拝日 2012/02/11
再訪日 2013/09/15
社格  村社
その他社格 
ご祭神埴安大神
由緒等
埴安神社縁起

埴安神社は次郎丸の氏神様である。
この地は南に背振山、東に油山、西に飯盛山を望み、室見川に接し、早良平野のほぼ中央に位置している。
埴安神社がいつごろから祀られ、今日に至ったかについて、埴安神社明細書には「埴安神はかく鎮座、年代は不明なれども最初次郎丸字庄ノ町参百九拾番地の一に鎮座したることは棟札により明らか。」とある。この地は今も「古宮跡」といって石碑が残っている。(社より北西に約三百米)
現在のような神社になったのは、今から三百三十五年前、江戸時代寛文年間に宝殿一宇を建立したことにはじまる。
又、天明年間には「拾陸天神社」として祀られたことは定か。この古額は今も神殿に祀られている。神紋が「梅鉢」であり「牛の石像」があることからも、うかがい知ることができる。
以下由緒について「棟札の写し」より抜粋しここに記す。


一、御祭神 埴安大神 埴安大神は天照大神のご兄弟で土神様である。
一、事績
・寛文九年(一六六九)四月二十五日 古宮宝殿一宇
・元禄二年(一六八九)四月二十八日 宝殿一宇建立
・元禄十二年(一六九九) 宝殿一宇建立
・正徳四年(一七一四)三月二十六日 拝殿建立一宇
・天明四年(一七八四)九月二十五日 本殿修復渡殿建立 十六天神宝殿一宇
・寛政七年(一七九五)四月二十三日 拝殿一宇
・文政七年(一八二四)五月 鳥居寄進 当村氏子中
・天保五年(一八三四) 十六天神宝殿改造
・元治二年(一八六五) 拝殿一宇葺替
・明治十四年(一八八一)四月十九日 神殿屋根替
・大正十年(一九二一)四月 神殿屋根替
・昭和三年(一九二八)十一月十四日 通夜殿新築
・昭和五十四年(一九七九)七月 神殿拝殿鉄筋新築
・平成八年(一九九六)十月十七日 手水舎寄進 氏子中

一、祭典日
・一月一日 元旦祭
・四月二十五日 祈願祭(春祭)
・七月二十五日 虫駆祭(夏祭)
・九月二十九日 注連卸祭
・十月十七日 御供日(秋祭)
・十一月二十五日 新嘗祭

平成十六年十一月吉日
埴安神社 氏子中
ご朱印 
鎮座地区福岡市早良区
郵便番号814-0165
所在地福岡市早良区次郎丸5丁目4-41
地図座標33.550164,130.330663
公式HP 
福岡県神社誌
【社名】 埴安神社 [A00-0700]
【所在地】 早良郡田隈村大字次郎丸字本村
【祭神】 埴安神
【由緒】 不詳、明治五年十一月三日村社に被定。
【例祭日】 十月二十五日
【神饌幣帛料供進指定】 大正十三年五月十五日
【主なる建造物】 神殿、渡殿、拝殿、通夜堂
【主なる宝物】 棟札七枚、太刀一振
【境内坪数】 二百八十五坪
【氏子区域及戸数】 次郎丸区 八十戸
コメント 
公開日2013/09/22
更新日2013/09/22
その他の写真
神社全景
神社入口鳥居
神社入口鳥居扁額
境内風景
由緒書き
手水舎
社殿正面
社殿正面
社殿正面
お潮井台
臥牛
拝殿神額
社殿全景
社殿全景
社殿背景
社殿背景
社務所